2019年5月11日 田んぼの学校 田んぼの生きもの観察・田植え

Imgp0002s Imgp6196s

(F君の日記より)       

                                 令和原燃5月11日

 ぼくは、今年の4がつから小学3年生です。学校にもすっかりなれました。

 前から、3年生になったら、しろい環境塾(この字がむずかしかったけど、お父さんに教えてもらって書けるようになりました・・)の「田んぼの学校」というのに行きたいと思っていたので、お母さんにたのんでしろい環境塾にでんわで、もうしこみしてもらいました。

 しろい環境塾から、かいさいのあんないが来たときは、とってもうれしかったです。

 今日は、「田んぼの学校」の第1回目の「田植え」です。

 お天気は、晴れていて青空が広がっていて、すこし暑いくらいです。9時45分集合でしたが、お父さん、お母さんに「早く、早く」とワイワイ言いました。会場には、もうたくさんの参加者が集まっていました。ぼくは、うれしさでむねがドキドキです。

 午前中は浅間先生の「田んぼの生きものかんさつ」です。

 広い原っぱで、生きものさがしをしました。カエルがピョンピョンはねていて、ぼくはむちゅうで追いかけました。ニホンアカガエルや二ホンアマガエル、トウキョウダルマガエルがいました。(みんな初めての名前ばかりでしたが、覚えました。月曜日に学校へ行ったら、みんなに教えてあげようと思います。)

 はらっぱをかけまわったので、すっかりお腹がへりました。

 お昼は、お母さんが作ってくれたおにぎりと、しろい環境塾のおじさんが作ってくれた「トン汁」を食べました。トン汁は、やさいがたくさん入っていて、とてもおいしかったです。おかわりができるというので、3ばいも食べたらお腹がパンパンにきつくなってしまいました。

 午後は、いよいよ田んぼで田植えです。生まれて初めて田んぼに入りました。水は少し冷たかったです。田んぼの土がヌルヌルしていてはじめは気持ちわるかったけれど、少ししたらなれました。

 お米の苗を植えましたが、なかなかまっすぐに植えられなくて、お父さんにずいぶん直してもらいました。でも思っていたより早く植えられました。

 田植えが終わった人は、となりの田んぼで「ドロンコアソビ」をしていいといわれたので、弟といっしにドロだらけになって、田んぼの中をバシャバシャと走り回りました。あんまりあそんだので体中ドロだらけになってしまい。ホースの水で洗ってもなかなかきれいになりませんでした。

 お母さんが、「せんたくがたいへんだ!!」とブツブツ言っていました。(お母さんゴメン・・・)とても楽しい一日でした。(書いた中にけっこうむずかしい字がありますが、ぼくは前から漢字を書くのが好きなので、たくさんの漢字を書きました。エヘンエヘン・・だいぶお父さんに習ったけど・・エへへ・・)

                                             おしまい

Imgp6200s Imgp6215s

 

2019年6月 9日 (日)

2019年6月8日田んぼの学校「竹でけん玉づくり・草取り」

 

 

 

(F君の日記より)    

                                

 

 

 令和元年6月8日

 

  今日は、田んぼの学校第2回の「竹でけん玉づくり・草取り」の日です。

  前から天気予報では、曇り、雨ということでお天気が心配でしたが、しろい環境塾から電話が

あって、「雨が降っても午前中のけん玉づくりは旧平塚分校の教室を使うから、行事はやります

のでぜひ参加してください。午後も雨が少しぐらいなら田んぼの草取りもやります」ということ

だったので、お母さんにワイワイ言ってお弁当を作ってもらい、家族4人で出かけました。

 平塚は、雨が降っていなくてけっこう参加者が集まっていました。

 ぼくは、竹でけん玉を作るというので、どうやってあの丸い玉を作るのかと思っていたら、竹

の節を使って5センチぐらいの竹の輪を作り、それを玉にするというものでした。(なーんだ・・)

Imgp0066s Imgp0065s  

けんは、また竹の節を使って玉を受けるようにした幅が3センチぐらいのものをつくりました。

これでけん玉のできあ上がりです。こう書くと簡単にできたようですが、竹をノコギリで切った

り、けんの先を作るのにナタを使ったり、けんと玉をつなぐ糸をとおすのにキリを使ったりと、

今まで使ったことがない道具を使うので大変苦労をしました。どの道具もお父さんの助けを借り

ました。お父さんは、いろんな道具を使うのがとってもうまくて、ふだんはボーッとしています

がいざとなったらやっぱり男だなと、感心しました。

 完成したけん玉を使ってけん玉あそびをしましたが、さいしょは全然玉がけんに入らなかった

ですが、少し練習したらだんだんうまくなってきました。

 みんなで、作ったけん玉を使ってけん玉遊びをしましたが、しろい環境塾のおじさんが、「み

んなで3分間に何回入るか競争をしよう!」というので、ぼくは真剣にやりました。けっこう入

って数えたら8回入りました。終わってから、しろい環境塾のおじさんが、みんなの入った回数

を報告しあうようにしたら、一番多い人は29回でした。ぼくは、完全に負けました。残念!!

 でも初めての経験でとてもおもしろかったです。

Imgp0071s 

 お昼ごはんのあとは、いよいよ田んぼの草取りです。田んぼの水は少しあたたかで、ドロがヌ

ルッとしましたが、2回目なので慣れました。おじさんが「イネをぬいたらいけないよ・・」と

いうので注意して草だけを抜きました。あまり草がないので気が抜けました。

Imgp0088s Imgp0092s

 細かい雨がけっこう降りだしたので、急いで草取りをしました。予定よりも1時間ぐらい早く

終了しました。今日も手と足が泥だらけなり、お母さんの洗濯が大変だな・・と思いました。

 今日は、初めての経験がたくさんあっておもしろい1日でした。

(書いた中にけっこうむずかしい字がありますが、ぼくは前から漢字を書くのが好きなので、

たくさんの漢字を書きました。エヘンエヘン・・だいぶお父さんに習ったけど・・エヘヘ・・)

 

                                    おしまい

 

 

2018年11月13日 (火)

2018年11月3日 ドングリの森づくり、竹ぼっくり作り

(E君の日記より)

2018113

 

 今日は、しろい環境塾の「ドングリの森づくり、竹ぼっくり作り」の開催日です。

 朝は少し雲が出ていましたが、行事が始まるころには空一面真っ青の素晴らしい天気になりました。

 Imgp0010s 僕は、お母さんに、「早く行こうよ」と言うと、「まだしたくができていないよ・・・」と言って僕をいじめました。

 今日の作業は、何年か前に種を植えたクヌギ(2011年に種を植えました。)が大きくなったので、その木の下枝を切ってもっと大きくするというものです。

 会場の森に行きましたが、7年間でクヌギの木はものすごく大きくなっていて、高さは大きな木で10メートル近くにもなっていました。僕はこれらの木の種をずっと前に植えていたので、とってもうれしくなりました。Imgp0023s

 地面から1.5メートルぐらいまでの横枝をノコギリでギコギコと切ってスッキリ整えました。

 森が少し明るくなって、クヌギの木が喜んでいるようでした。ノコギリの使い方もうまくなりました。

 

 お昼には、しろい環境塾のおじさん、お姉さんが作ってくれた豚汁とサツマイモの焼き芋を食べました。お母さんが作ってくれたおにぎりと一緒に食べましたが、豚汁に入っていたしろい環境塾のおじさんが作ったサトイモがとってもおいしくて、3杯もお代わりをしたのでお腹がパンパンになりました。焼き芋が食べられなくなったので、家に持って帰っておばあちゃんのお土産にしました。

 参加者は、お父さんもお母さんも、みんな楽しそうでした。

 

 Imgp0043s 午後は、竹ぼっくり作りです。

 直径10センチぐらいのモウソウチクをノコギリで切って、横にあなを開けてビニールのひもを通して完成です。

 ノコギリで竹を切るのが初めてで、ノコギリの歯がはさまってしまい苦労しました。お父さんもかなり苦戦していました。

 何とか竹ぼっくりが完成してそれに乗ってみましたが、2,3歩歩くのがやっとでした。

 でも、10分ぐらい練習したらうまく乗れるようになって、みんなで競争をしました。何回か転びましたが、とっても楽しかったです。Imgp0070s

 

 今日1日、初めて経験したことが多くて、とっても楽しかったです。

 しろい環境塾のおじさん、お姉さんどうもありがとうございました。(トン汁がうまかったです。

 おばあちゃんも「焼き芋がおいしいよ・・・」と言っていました) 

                                    おしまいImgp0082s

2018年9月29日 田んぼの学校「バッタの観察、昔の脱穀」

(E君の日記より)

2018年9月29日

 

 今日は、しろい環境塾の「田んぼの学校」の最終回「バッタの観察、昔の脱穀」の開催日です。

 朝から、空が黒い雲におおわれていて、今にも雨が降り出しそうな天気でした。

 僕が、「今日は雨で、脱穀が中止かな・・・」と言ったら、お母さんは、「環境塾から中止の連絡が入っていないから、やるんじゃないの・・・」とのんきに言っていました。Imgp0137s

 とりあえずお父さん、お母さんと弟と僕の4人で出かけました。

会場の山王谷津に行ったら、けっこう参加者が集まっていたので、一安心でした。Imgp0144s

 

 10時から、「バッタの観察」が始まりました。始まって少ししてから、ポツポツと雨が降り出しました。でも環境塾の人はかまわずに、「さあバッタをつかまえましょう!!」と言ってみんなを原っぱに連れて行きました。

 僕は、こんな天気ではバッタがいないんじゃないかな・・と思っていましたが、意外にもバッタがウジャウジャいてみんな元気に飛び跳ねていました。僕はうれしくなって、草をバサバサと踏みつけてバッタを草から追い出してどんどん捕まえました。コバネイナゴ、クビキリギス、トノサマバッタ、オンブバッタ、エンマコオロギ、チョウセンカマキリ、ニホンアカガエルなど、昆虫とカエルをたくさん捕まえました。

 参加者は、お父さんもお母さんも、みんな楽しそうにバッタ取りをしました。

 

Imgp0161s  その後、講師の関先生から、バッタの種類とその特徴などの説明がありました。バッタの耳がどこにあるのかなど、初めて聞く話が多くてとても参考になりました。

 関先生の話しの間も雨がどんどん降っていて、みんなけっこう雨にぬれてしまいました。Imgp0176s

 

 お昼は、旧平塚分校の教室で、しろい環境塾の人が作った、鉄ガマで炊いた新米のご飯と、みんなが材料を持ち寄ったごった煮(以前は、ヤミナベと言ったそうですが、言葉の響きが悪いというのでごった煮と言うことにしたそうです・・しろい環境塾のおじさんからヤミナベの由来を聞きました“面白かった”)を食べました。

あまりにもおいしいので、ご飯のおかわりを2杯とごった煮のおかわりを1杯食べたらお腹がきつくなってしまいました。・・・反省!!

 

午後の脱穀は、農家のビニールハウスの中でやりました。雨がジャンジャン降ってきましたが、

ビニールハウスの中は快適でした。脱穀の歴史と言うことで、①指とハシで脱穀 ②千歯こきで脱穀 ③足踏み脱穀機で脱穀 を体験しました。特に足踏み脱穀機が面白かったです。Imgp0177s

 その後、しろい環境塾のおじさんの指導で、唐箕(トウミ・・むずかしい字です)という手回しの道具をつかって、モミとゴミを分ける作業を体験しました。けっこう力が必要でした。

 

 今日1日、とても勉強になる内容を体験しました。

 しろい環境塾のおじさん、お姉さん(と言いなさいとお母さんに言われました)、どうもありがとうございました。

                                     おしまい

2018年6月16日 (土)

2018年6月9日 田んぼの学校(ネイチャーゲーム、草取り」

(E君の日記より)

20186月9日

天気:晴れ、暑い

 

 今日は、しろい環境塾の「第2回田んぼの学校・・ネイチャーゲーム、田んぼの草とり」に参加しました。

 参加者は、46人ぐらいで、第1回より大部少なかったです。

今日も仲良し3人組の康夫君と寿章君とで参加しました。

 

Imgp4819s_2 プログラムは、午前中がネイチャーゲームで午後は田んぼの草とりでした。

 午前中のネイチャーゲームは、ふなばしネイチャーゲームの会の鈴木 惠子さんが講師です。

 しろい環境塾のベースキャンプ下の原っぱでゲームをしました。

 初めのうちはみんな静かでしたが、ゲームが始まったら、みんな真剣になり大騒ぎでした。

 リスになった気持ちでドングリをかくし、相手チームがかくしたドングリをさがすゲームです。天気が良かったせいもあり、大汗をかきました。

 どのゲームも初めてなので、仲良し3人組で楽しく遊びました。こんなに真剣にドングリをさがしたことはなかったなあ~。

 

 お昼の食事は、お母さんの手づくりのサンドイッチと温かいスープです。お母さんの料理はほんとにおいしいです。康夫君と寿章君にもサンドイッチをあげました。二人からは、鳥の唐揚げとポテトチップをもらいました。(これもうまかったImgp0035s_2 です!!)

 

 午後は、いよいよ田んぼに入って草取りをしました。

 田んぼの中に草がたくさんあると思っていたら、少し前にしろい環境塾のおじさんたちが草取りをしたせいか、草はあまりありませんでした。

 今日は、とにかく気温が30度もあり、田んぼの水がお風呂のお湯ぐらい熱かったです。

 水が熱いせいか、アメリカザリガニが田んぼの畦にわんさかいて、みんな大騒ぎでドンドン捕まえ、バケツに入れました。あまりに多くてバケツ3つにいっぱいのアメリカザリガニが取れました。まだまだたくさんいましたが、あまりの多さにみんなウンザリで、早々に田んぼから引き揚げてしまいました。それにしても暑かったです。

 

 今日は、暑さとの戦いでした。疲れました。(お父さんとお母さんは、暑さでグッタリでした・・)

 でも今日は、ネイチャーゲームとアメリカザリガニ捕りと初体験で、楽しかったです。

 

                            おしまい

2017年10月 3日 (火)

2017年9月30日(土) 田んぼの学校「竹筒で新米・昔の脱穀」

 

(D君の日記から)

 

2017年9月30日(土)曇りのち晴れ

「第5回田んぼの学校」に参加して

 

 今日は、いよいよ「田んぼの学校」の最終回、「竹づつで新米、昔の脱穀」の日です。

 午前中は、太い竹を加工した竹のお釜でご飯を炊きました。

 こんなものでご飯が炊けるのか少し心配でした。ノコギリを使って太い竹にお米を入れるふたになる窓を開けました。ノコギリがうまく使えなくて苦労しました。結局お父さんに作ってもらいました。

 ドラムカンを半分に切ったものに新聞紙、ほそい薪(字が分からなくて、お母さんに聞きました)をいれて、マッチで火をつけました。生まれて初めてマッチを使いましたが、なかなか火がつかなくてとても苦労しました。(お母さんも同じでした・・・)薪に火がついたところで、しろい環境塾のおじさんが用意した竹炭を入れて、うちわでバタバタとあおぎました。すっかり竹炭に火がつくまでに30分ぐらいかかってしまいました。お母さんと弟が竹づつにお米と水を入れたものを火にかけました。Imgp0277s あとは、25分間そのままにしてさらに20分間むらさないといけないので、全体で1時間近くかかりました。丁度お昼ごろに竹づつのご飯ができあがりました。ふたを開けてみたら、とてもうまく出来たようでバンザイでした。食べてみましたが、とてもおいしかったです。それにみんなが持ち寄った野菜などの材料を全部入れてお味噌で味付けした「ごったナベ」という味噌汁がとってもおいしくて、3杯もおかわりをしました。(食べすぎでした・・・反省)

 

 午後は、乾いた田んぼで昔の脱穀を体験しました。

 大昔は指で、その後は2本の棒で、さらにその後は「千歯こき」という道具で、最後に「足踏み脱穀機」という機械で脱穀をしていたそうで、この全部を体験しました。一番おもしろかったのは「足踏み脱穀機」で、ガラガラと回るドラムで稲穂から米粒をはずすのが楽しかったです。昔の人はご飯を食べるまでにたくさんの手間がかかっていたということがわかりました。今は機械でとても簡単にご飯が食べられるので、感謝!感謝です。Imgp3799s

 

 今日1日、普段はあまり考えない「ご飯が食べられるまでの苦労」を考えて、お米とご飯にもっと感謝しないといけないと思いました。

 とても貴重で面白い体験をした1日でした。

 

 しろい環境塾のおじさん、お姉さん、春から秋までどうもありがとうございました。

  

                              おわり

Imgp3802s

 

2017年9月13日 (水)

2017年9月9日(土) 田んぼの学校「バッタの観察、稲刈り」

 

(D君の日記から)

 

2017年9月9日(土)晴れ

「第4回田んぼの学校(バッタの観察、稲刈り)」に参加して

 

 今日は、この春に植えたお米の稲が実って稲刈りをする日です。

 午前中は、バッタの観察です。

 草むらにはたくさんのバッタがいました。今日は天気が良くて暑いくらいの日差しでした。

 参加したみんなも僕と同じようにバッタ取りに夢中で、暑さを感じませんでした。

 捕まえたバッタを、講師の先生が次々とカゴから出してこまかく説明してくれました。

 バッタの種類が多いのに驚きました。ニホンアカガエルも全部で4匹捕まえました。

 もっと時間をかけてバッタを捕まえたかったです。Imgp0224s

 

 午後は、いよいよ稲刈りです。

 ノコギリガマという道具で稲をザックザックと刈りました。稲の中にもバッタがたくさんいました。

 稲刈りもすっかり慣れて、ドンドン早く刈取りが出来ました。

 刈り取った稲を束ねる作業は難しくて、 お父さんもお母さんもお手上げでした。

 しろい環境塾のおじさんは、とてもうまくまとめていました。

 

 しろい環境塾のおじさんの話しでは、刈り取った稲をハザという干し場に架けて干す作業も体験

出来ると良かったけれど、時間がなくて省略したそうです。来年はプランを変更してハザガケを体験できるようにすると言っていました。

 結局稲刈りは、全体の4分の3ぐらいをやりました。

Imgp0255s

 今日1日、アチコチと動き回ったので疲れてしまいました。

 早くお風呂に入って寝ることにしました。おやすみなさい!!

 

  

 

                            おわり

Imgp0264s

2017年9月 4日 (月)

2017年8月26日(土)、27日(日)カメの観察会

 

(D君の日記から)

 

2017年8月27日(土)曇り一時雨(昨日)、曇りときどき晴れ(今日)

「カメの観察会」に参加して

 

 昨日と今日は、前から楽しみにしていた金山落(かなやまおとし)での「カメの観察会」の日です。

 案内のチラシでは、金山落にはカメがたくさんいるとのことでワクワクでした。

 ぼくは、小さいときに夜店でミドリガメを買ったことがありました。けっこう生きていましたが、3年前に死んでしまいました。それ以来ズッとカメをもう一度飼ってみたいと思っていたので今度の「カメの観察会」はとても楽しみでした。

 参加者が少なくて残念です。

 ぼくは、今日も、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。

 きのうはお昼に集まりました。曇りで、終わりごろ少し雨が降りました。ムシムシとしていました。

 平塚の旧平塚分校から金山落までは、マイクロバスで行きました。

 しろい環境塾のおじさんとお姉さん(と呼びなさいとお母さんにいわれました)から、カメを捕るワナの仕掛け方を教わり、ライフジャケットを着て川岸からワナを川に放り投げました。うまくできました。何匹のカメが入っているか、とても楽しみでした。Imgp0164s

 

 今日は、お天気は心配ありませんでした。

 またマイクロバスで金山落に行き昨日仕掛けたワナを引き上げました。

 バンザーイ!!ワナにカメが5匹入っていました。それとザリガニも8匹入っていました。

 それらをネットに入れて分校まで運びました。

 Imgp3695

  分校では、しろい環境塾の人や東邦大学の人たちなどが、カメのオスとメスの見分け方、年齢(むずかしい字でした)の数え方、大きさの測り方などを教えてくれました。

 初めて、ノギスという道具をつかってカメの大きさを測りました。ノギスというのはミリメートルのさらに小数点第2位まで測れるということを、初めて知りました。

 今回は全部で76匹のカメを捕まえました。去年は23匹だったそうです。

 たくさんのカメを捕まえたので、その計測に時間がかかりました。でもとっても楽しかったです。

 カメの顔をチョンチョンとつつくと、首と手足を甲羅の中に入れるのが面白くて、何度もやってみました。お父さんに怒られました。

 

 初めて「カメの観察会」に参加しましたが、夏休の楽しい思い出がまた一つできました。

 今日は疲れたので早く寝ます。おやすみなさい!!

 

                                    おわり

2017年8月26日(土) カメの観察会 ご挨拶

2017826

「カメの観察会(金山落 かなやまおとし) 2017」にあ

 たって

NPO法人しろい環境塾

 

本日は、「カメの観察会」にご参加いただきありがとうございます。

今年の67月は雨が少なく、空梅雨(からつゆ)でした。8月の初旬は晴れの日が多く、

中旬からは一転、夏空は雲に覆われ、雨が続き、夏らしくない日々が続いています。

今年も、カメの観察会を開催できること、金山落を皆さんに知っていただけること、時間と空間をともにできることを嬉しく思っております。

 

【金山落はどんな川なのか?】

金山落は、下手賀沼、利根川、太平洋へそそぎこむ農業用水路です。鎌ヶ谷市が最上流部になり、白井市、柏市(旧沼南町)の境を流れています。

昭和32年(1957年)手賀沼土地改良区の一環として、金山落の河川改修工事が行われました。曲がりくねった川を、まっすぐな素掘り(土水路)の川にしました。

昔から金山落周辺の地区(冨塚、小名内、名内、今井、平塚地区)の方々は、川を守り、田んぼを守り、米作りを守ってきました。人の生活と川、田んぼの結びつきが守られてきた地区です。このため、川や田んぼの生きもが多く、カメの生活が守られてきました。

私たちは、「生きものたちと共生するまちづくりをめざすためにはどうしたらよいか?」「未来の子どもたちへ里山自然をどのように残していくのか?」この解答を追い求めています。

このカメの観察会では、里山でくらす人々の生活と生きものとのかかわりについて、カメの目をとおして川を知り、里山の自然環境を守るためにはどうしたらよいかなどを、一人一人考えてもらいたいと思っています。一人一人の知恵が集まれば、大きな力となることを期待しています。ご一緒に楽しく観察会をすすめていきましょう!2017年夏の思い出になることでしょう。

この観察会の開催にあたり、東邦大学長谷川 雅美先生、研究室の皆様、卒業生の皆様、NPO法人カメネットワークジャパンの皆様に多大なご協力、ご支援をいただきました。ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

                                    以 上

2017年8月 7日 (月)

2017年8月5日(土) 田んぼの学校「かかし作り、イネのお花見」

 

(D君の日記から)

 

2017年8月5日(土)曇りときどき晴れ

田んぼの学校「案山子(かかし)たて、稲のお花見」に参加して

 

 今日は、前から楽しみにしていた平塚での「案山子(お父さんにこの漢字を教えてもらいました。)たて」の日です。

 案内のチラシでは、お昼に「流しそうめん」があるというのでワクワクでした。

 たくさんの子どもとその保護者が参加しました。

 ぼくは、今日も、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。

 お天気は、曇りでムシムシとしていました。

Imgp0136s  午前中は、「案山子づくり」です。初めにしろい環境塾の人から案山子の作り方を教えてもらいました。結構むずかしそうです。

 竹の骨組みをひもでしばって作りました(力がいるのでおとうさんにまかせました。)

 稲のワラを竹の骨組みにひもでしばって案山子の体が出来上がりました。そこに、家から持ってきたシャツなどを着せたら案山子が出来上がりです。案山子の顔は僕が書きました。

 スズメがこわがるように怪獣の顔にしました。1時間ぐらいで案山子が完成です。

 「案山子コンテスト」がありましたが、残念ながら賞品がもらえませんでした。

 その後、今日のハイライトの「流しそうめん」がありました。しろい環境塾のおじさんが作った

太い竹で作ったそうめんを流す「とい」に、そうめん、ミニトマト、きゅうりなどがどんどん流れてきました。ぼくは、夢中で割りばしを使ってそれらの食べ物をすくって、つるつる、ぱくぱくと口に入れました。本当に夢中で食べたので、気がついたらお腹がパンパンになってしまいました。Imgp3649s

 午後は、田んぼで稲の花の観察をしました。においをかいだらお米のにおいがしました。そして 案山子を田んぼにたてました。たくさんのいろいろな案山子が並んで、田んぼがにぎやかになりました。

 今日は、案山子づくりや流しそうめんなど、初体験をしました。

(僕と弟は、帰りの車の中でお腹が少し痛くなりました。お母さんに「あんなにそうめんを食べるからよ・・」と怒られました。)

 

                                  おわり

Imgp3653s

«2017年6月11日(土) 田んぼの学校「里山でゲーム・草取り」