2017年10月 3日 (火)

2017年9月30日(土) 田んぼの学校「竹筒で新米・昔の脱穀」

 

(D君の日記から)

 

2017年9月30日(土)曇りのち晴れ

「第5回田んぼの学校」に参加して

 

 今日は、いよいよ「田んぼの学校」の最終回、「竹づつで新米、昔の脱穀」の日です。

 午前中は、太い竹を加工した竹のお釜でご飯を炊きました。

 こんなものでご飯が炊けるのか少し心配でした。ノコギリを使って太い竹にお米を入れるふたになる窓を開けました。ノコギリがうまく使えなくて苦労しました。結局お父さんに作ってもらいました。

 ドラムカンを半分に切ったものに新聞紙、ほそい薪(字が分からなくて、お母さんに聞きました)をいれて、マッチで火をつけました。生まれて初めてマッチを使いましたが、なかなか火がつかなくてとても苦労しました。(お母さんも同じでした・・・)薪に火がついたところで、しろい環境塾のおじさんが用意した竹炭を入れて、うちわでバタバタとあおぎました。すっかり竹炭に火がつくまでに30分ぐらいかかってしまいました。お母さんと弟が竹づつにお米と水を入れたものを火にかけました。Imgp0277s あとは、25分間そのままにしてさらに20分間むらさないといけないので、全体で1時間近くかかりました。丁度お昼ごろに竹づつのご飯ができあがりました。ふたを開けてみたら、とてもうまく出来たようでバンザイでした。食べてみましたが、とてもおいしかったです。それにみんなが持ち寄った野菜などの材料を全部入れてお味噌で味付けした「ごったナベ」という味噌汁がとってもおいしくて、3杯もおかわりをしました。(食べすぎでした・・・反省)

 

 午後は、乾いた田んぼで昔の脱穀を体験しました。

 大昔は指で、その後は2本の棒で、さらにその後は「千歯こき」という道具で、最後に「足踏み脱穀機」という機械で脱穀をしていたそうで、この全部を体験しました。一番おもしろかったのは「足踏み脱穀機」で、ガラガラと回るドラムで稲穂から米粒をはずすのが楽しかったです。昔の人はご飯を食べるまでにたくさんの手間がかかっていたということがわかりました。今は機械でとても簡単にご飯が食べられるので、感謝!感謝です。Imgp3799s

 

 今日1日、普段はあまり考えない「ご飯が食べられるまでの苦労」を考えて、お米とご飯にもっと感謝しないといけないと思いました。

 とても貴重で面白い体験をした1日でした。

 

 しろい環境塾のおじさん、お姉さん、春から秋までどうもありがとうございました。

  

                              おわり

Imgp3802s

 

2017年9月13日 (水)

2017年9月9日(土) 田んぼの学校「バッタの観察、稲刈り」

 

(D君の日記から)

 

2017年9月9日(土)晴れ

「第4回田んぼの学校(バッタの観察、稲刈り)」に参加して

 

 今日は、この春に植えたお米の稲が実って稲刈りをする日です。

 午前中は、バッタの観察です。

 草むらにはたくさんのバッタがいました。今日は天気が良くて暑いくらいの日差しでした。

 参加したみんなも僕と同じようにバッタ取りに夢中で、暑さを感じませんでした。

 捕まえたバッタを、講師の先生が次々とカゴから出してこまかく説明してくれました。

 バッタの種類が多いのに驚きました。ニホンアカガエルも全部で4匹捕まえました。

 もっと時間をかけてバッタを捕まえたかったです。Imgp0224s

 

 午後は、いよいよ稲刈りです。

 ノコギリガマという道具で稲をザックザックと刈りました。稲の中にもバッタがたくさんいました。

 稲刈りもすっかり慣れて、ドンドン早く刈取りが出来ました。

 刈り取った稲を束ねる作業は難しくて、 お父さんもお母さんもお手上げでした。

 しろい環境塾のおじさんは、とてもうまくまとめていました。

 

 しろい環境塾のおじさんの話しでは、刈り取った稲をハザという干し場に架けて干す作業も体験

出来ると良かったけれど、時間がなくて省略したそうです。来年はプランを変更してハザガケを体験できるようにすると言っていました。

 結局稲刈りは、全体の4分の3ぐらいをやりました。

Imgp0255s

 今日1日、アチコチと動き回ったので疲れてしまいました。

 早くお風呂に入って寝ることにしました。おやすみなさい!!

 

  

 

                            おわり

Imgp0264s

2017年9月 4日 (月)

2017年8月26日(土)、27日(日)カメの観察会

 

(D君の日記から)

 

2017年8月27日(土)曇り一時雨(昨日)、曇りときどき晴れ(今日)

「カメの観察会」に参加して

 

 昨日と今日は、前から楽しみにしていた金山落(かなやまおとし)での「カメの観察会」の日です。

 案内のチラシでは、金山落にはカメがたくさんいるとのことでワクワクでした。

 ぼくは、小さいときに夜店でミドリガメを買ったことがありました。けっこう生きていましたが、3年前に死んでしまいました。それ以来ズッとカメをもう一度飼ってみたいと思っていたので今度の「カメの観察会」はとても楽しみでした。

 参加者が少なくて残念です。

 ぼくは、今日も、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。

 きのうはお昼に集まりました。曇りで、終わりごろ少し雨が降りました。ムシムシとしていました。

 平塚の旧平塚分校から金山落までは、マイクロバスで行きました。

 しろい環境塾のおじさんとお姉さん(と呼びなさいとお母さんにいわれました)から、カメを捕るワナの仕掛け方を教わり、ライフジャケットを着て川岸からワナを川に放り投げました。うまくできました。何匹のカメが入っているか、とても楽しみでした。Imgp0164s

 

 今日は、お天気は心配ありませんでした。

 またマイクロバスで金山落に行き昨日仕掛けたワナを引き上げました。

 バンザーイ!!ワナにカメが5匹入っていました。それとザリガニも8匹入っていました。

 それらをネットに入れて分校まで運びました。

 Imgp3695

  分校では、しろい環境塾の人や東邦大学の人たちなどが、カメのオスとメスの見分け方、年齢(むずかしい字でした)の数え方、大きさの測り方などを教えてくれました。

 初めて、ノギスという道具をつかってカメの大きさを測りました。ノギスというのはミリメートルのさらに小数点第2位まで測れるということを、初めて知りました。

 今回は全部で76匹のカメを捕まえました。去年は23匹だったそうです。

 たくさんのカメを捕まえたので、その計測に時間がかかりました。でもとっても楽しかったです。

 カメの顔をチョンチョンとつつくと、首と手足を甲羅の中に入れるのが面白くて、何度もやってみました。お父さんに怒られました。

 

 初めて「カメの観察会」に参加しましたが、夏休の楽しい思い出がまた一つできました。

 今日は疲れたので早く寝ます。おやすみなさい!!

 

                                    おわり

2017年8月26日(土) カメの観察会 ご挨拶

2017826

「カメの観察会(金山落 かなやまおとし) 2017」にあ

 たって

NPO法人しろい環境塾

 

本日は、「カメの観察会」にご参加いただきありがとうございます。

今年の67月は雨が少なく、空梅雨(からつゆ)でした。8月の初旬は晴れの日が多く、

中旬からは一転、夏空は雲に覆われ、雨が続き、夏らしくない日々が続いています。

今年も、カメの観察会を開催できること、金山落を皆さんに知っていただけること、時間と空間をともにできることを嬉しく思っております。

 

【金山落はどんな川なのか?】

金山落は、下手賀沼、利根川、太平洋へそそぎこむ農業用水路です。鎌ヶ谷市が最上流部になり、白井市、柏市(旧沼南町)の境を流れています。

昭和32年(1957年)手賀沼土地改良区の一環として、金山落の河川改修工事が行われました。曲がりくねった川を、まっすぐな素掘り(土水路)の川にしました。

昔から金山落周辺の地区(冨塚、小名内、名内、今井、平塚地区)の方々は、川を守り、田んぼを守り、米作りを守ってきました。人の生活と川、田んぼの結びつきが守られてきた地区です。このため、川や田んぼの生きもが多く、カメの生活が守られてきました。

私たちは、「生きものたちと共生するまちづくりをめざすためにはどうしたらよいか?」「未来の子どもたちへ里山自然をどのように残していくのか?」この解答を追い求めています。

このカメの観察会では、里山でくらす人々の生活と生きものとのかかわりについて、カメの目をとおして川を知り、里山の自然環境を守るためにはどうしたらよいかなどを、一人一人考えてもらいたいと思っています。一人一人の知恵が集まれば、大きな力となることを期待しています。ご一緒に楽しく観察会をすすめていきましょう!2017年夏の思い出になることでしょう。

この観察会の開催にあたり、東邦大学長谷川 雅美先生、研究室の皆様、卒業生の皆様、NPO法人カメネットワークジャパンの皆様に多大なご協力、ご支援をいただきました。ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

                                    以 上

2017年8月 7日 (月)

2017年8月5日(土) 田んぼの学校「かかし作り、イネのお花見」

 

(D君の日記から)

 

2017年8月5日(土)曇りときどき晴れ

田んぼの学校「案山子(かかし)たて、稲のお花見」に参加して

 

 今日は、前から楽しみにしていた平塚での「案山子(お父さんにこの漢字を教えてもらいました。)たて」の日です。

 案内のチラシでは、お昼に「流しそうめん」があるというのでワクワクでした。

 たくさんの子どもとその保護者が参加しました。

 ぼくは、今日も、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。

 お天気は、曇りでムシムシとしていました。

Imgp0136s  午前中は、「案山子づくり」です。初めにしろい環境塾の人から案山子の作り方を教えてもらいました。結構むずかしそうです。

 竹の骨組みをひもでしばって作りました(力がいるのでおとうさんにまかせました。)

 稲のワラを竹の骨組みにひもでしばって案山子の体が出来上がりました。そこに、家から持ってきたシャツなどを着せたら案山子が出来上がりです。案山子の顔は僕が書きました。

 スズメがこわがるように怪獣の顔にしました。1時間ぐらいで案山子が完成です。

 「案山子コンテスト」がありましたが、残念ながら賞品がもらえませんでした。

 その後、今日のハイライトの「流しそうめん」がありました。しろい環境塾のおじさんが作った

太い竹で作ったそうめんを流す「とい」に、そうめん、ミニトマト、きゅうりなどがどんどん流れてきました。ぼくは、夢中で割りばしを使ってそれらの食べ物をすくって、つるつる、ぱくぱくと口に入れました。本当に夢中で食べたので、気がついたらお腹がパンパンになってしまいました。Imgp3649s

 午後は、田んぼで稲の花の観察をしました。においをかいだらお米のにおいがしました。そして 案山子を田んぼにたてました。たくさんのいろいろな案山子が並んで、田んぼがにぎやかになりました。

 今日は、案山子づくりや流しそうめんなど、初体験をしました。

(僕と弟は、帰りの車の中でお腹が少し痛くなりました。お母さんに「あんなにそうめんを食べるからよ・・」と怒られました。)

 

                                  おわり

Imgp3653s

2017年6月12日 (月)

2017年6月11日(土) 田んぼの学校「里山でゲーム・草取り」

 

(D君の日記から)

 

2017年6月10日(土)晴れときどき曇り

田んぼの学校「草取り」に参加して

 

 今日は、前から楽しみにしていた平塚での「草取り」の日です。

 案内のチラシでは、ザリガニ捕りがあるというので楽しみでした。たくさんの子どもとその保護者が参加しました。

 ぼくは、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。家族全員ででかけるのは久しぶりです。

 初めのしろい環境塾の人の話で、田んぼにはあまりザリガニがいないので、「ザImgp0058 リガニ捕り」は中止するとのことでがっかりです。

 午前中は、講師の渋谷さんから、ビオトープ周辺で植物の観察をするとの説明がありました。

 生きものの命を支えている植物について説明を聞きました。僕は、カエルやザリガニを捕まえるほうが良かったのですが・・・

 ビオトープには「コガネグモ」というクモがたくさんいました。講師の先生の話しでは、コガネグモがいる場所は自然が豊かななんだそうです。

 いろいろな色の植物や、においのする植物、トゲトゲの植物など、探してみると結構たくさんあって、改めて自然の豊かさに感心しました。

Imgp3241s  そして、お昼に天ぷらで食べる草を探しました。僕は、セイダカアワダチソウの先のほうのやわらかいところをつまんで天ぷらにしてもらい味わいました。結構食べられました。

 

 午後は、いよいよ本番の「田んぼの草とり」です。1か月前に植えた稲の苗は、15~20センチぐらいに伸びていました。田んぼの水はぬるくて、泥はヌルヌルしていて、はじめは気持ち悪かったけどだんだん慣れました。田んぼの中の雑草(お米を育てる田んぼでは、イネ以外の植物はすべて雑草というのだそうです。)はあまりありませんでした。Imgp3246 でも期待したザリガニの子どもが少しいて僕は全部で5匹捕まえました。エヘヘ・・・楽しかった。

 

 今日一日遊んで、ザリガニも捕まえたし楽しかったです。

 

                                  おわり

2017年5月17日 (水)

2017年5月14日(日) 田んぼの学校「カエルの観察、田植え」

(D君の日記から)

 

2017年514日(日)曇り

田んぼの学校「田植え」に参加して

 

 今日は、前から楽しみにしていた平塚での田植えの日です。

 本当は昨日だったんだけど、雨が降ったんで今日になったんです。

 たくさんの子どもとその父兄が参加しました。

 ぼくは、お母さんと弟の3人で参加しました。本当はお父さんも参加の予定でしたが、今日は会社の人とゴルフに行くからと言って、朝早く出かけてしまいました。

 午前中は、庭野さんという人から、カエルについてのお話と、カエルを捕まえてその特徴を教わりました。

 Imgp0019s ぼくは、ほかの友達とみんなで20分間カエルを探して捕まえました。全部集めてみたら、カエルが全部で130匹、トウキョウダルマガエルが1匹、それにニホンアカガエルが5匹いました。とっても珍しいシュレーゲルアオガエルもいました。庭野さんの話では、トウキョウダルマガエルがいる田んぼは、環境にとてもやさしいた田んぼだということでした。

 そして、庭野さんから、ニホンアマガエルの秘密(前足の指に吸盤があってどこでも登れるんだそうです。また水分の取り方など)もたくさん教えてもらいました。

Imgp3194s  月曜日に学校に行ったら、みんなにじまん話でいろいろとカエルのことを教えてあげようと思いました。(ちょっとカエル博士になったような気がしました)

 

 午後は、いよいよ期待していた田んぼの苗植えです。しろい環境塾(塾という字が難しかったけど、お母さんに教えてもらいました)のおじさんが、苗の植え方を教えてくれました。30センチ間かくで1か所に2本ずつ植えました。本当は、1本でもいいそうです。苗は、分けつという方法でたくさんの株に分かれるんだそうです。こんなことも、おじさんは良くわかるように説明してくれました。三角定規みたいな道具を転がしながら前に進んで行って苗を植えました。ぼくはお母さんと弟の3人で結構早く植えられました。植えた後を見たら、まっすぐに苗が並んでいてとてもうれしくなりました。

 これから9月の稲刈りまで、しろい環境塾のおじさんたちが、めんどうを見てくれるようです。おじさんたち、どうもありがとうございます。Imgp0035_s

 

 今日1日、カエルを触ったり苗を植えたりと、初めての体験ができてとてもよい1日でした。

 

                                    おわり

2017年4月17日 (月)

20170423 13:00-講演会 保健福祉センター 関東におけるコウノトリ・トキの舞う地域づくり

20170423(日) 13:00-14:00
保健福祉センター (ウエルぷらっと)
第41回環境講座 環境講演会
「関東におけるコウノトリ・トキの舞う地域づくり」
東邦大学理学部 長谷川雅美教授
多くのご来場を、お待ちしております。
水環境保全を考えましょう。
是非ご参加ください。
Img025s
Img026s

2016年11月 7日 (月)

2016年11月5日 秘密基地づくり

(D君の日記から)

 

2016年11月 5日(土)

朝のうちはパラパラの雨、お昼近くから日本晴れ

 

「秘密基地づくり」に参加して

 

 今日は、ずっと前から期待していた「秘密基地づくり」です。

 お天気は、今にも雨が降るような空模様です。しろい環境塾から「中止」の連絡がなかったので平塚に行きました。参加した人は、みんな空を見上げて心配そうでした。

 Imgp2709_2 午前中は、しろい環境塾の下の原っぱで 「秘密基地づくり」です。

 初めにしろい環境塾のおじさんから、「ヒモの結び方(かたむずび、ちょうちょ結び)」を教わりました。知っているつもりでしたが、たて結びにならないように結び方を教わりました。うまく結べるようになったところで、いよいよ「秘密基地づくり」です。

 

 

 

 

 

「秘密基地」は、柱(竹を使いました)とそれを結んだ横棒(これも竹を使いました)Imgp0182_2 をヒモで結んで骨組みにしました。僕たちは、四角の基地に決めて竹を集めました。四隅の柱はしっかりうめないといけないので、かけいでゴンゴン竹をたたいてうめました。お父さんやしろい環境塾のおじさんたちに手伝ってもらいました。

 その柱に横棒の竹をくくりつけて、その横棒に竹のささっ葉をどんどんくくりつけました。屋根もささの葉をどんどん乗せました。秘密基地の中はかなり暗くなって、本当に「秘密基地」らしくなりました。ダンボールを下に敷いてクツシタで上がれるようにしました。

 入口は、外からわからないようにささの葉で隠しました。戸びらもつけたよ。

 お昼近くに「秘密基地」が完成しました。お昼のお弁当は、少し暗い基地の中でお父さん、お母さんと弟で食べました。お弁当はいつもと違ってとてもおいしく感じました。そして、しろい環境塾のおじさんが石窯で焼いた「焼き芋」も食べました。とてもおいしかったです。

 

 Imgp2711_2 午後は、千葉大学のお兄さんの司会で「生きもの探しゲーム」をしました。その後、5つの「秘密基地」のコンテストをしました。僕たちの作った基地が1番になり、賞品として「しろい環境塾」が作った「干しうどん」をもらいました。

 その後は、いよいよ「秘密基地」の解体です。作るのは時間がかかりましたが、解体はあっという間のできごとでした。

 

Imgp2722_2

 

これで、今日の行事はすべて終了です。楽しい1日でした。あ~あっ、おもしろかった。来年もおなじ行事があったら、また、参加したいです。

 きょうは、疲れたので早く寝ます。

                                  おしまい

2016年9月30日 (金)

2016年9月30日 ちいき新聞 千葉NT版記事掲載 「里山まつり」、「秘密基地づくり」のご案内 

2016年9月30日 ちいき新聞 千葉NT
 「里山まつり」、「秘密基地づくり」が掲載されました。
ご覧ください。
Img084

«2016年10月16日(日)10:30~「里山まつり IN 平塚」を開催します。