« 2012年2月8日 まれなお客様、アカツクシガモ飛来 | トップページ | 2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え) »

2012年3月19日 (月)

2012年3月15日 田んぼの学校2012ちらし案内

(A君の日記より)

3月15日(木)天気:晴、でも北風が強くて寒い

 今日は、学校に行ったら、先生が、「しろい環境塾」が作ったチラシを配ってくれました。

やっと、環境塾という漢字がすらすらと書けるようになりました。)

 チラシは、また今年も「しろい環境塾」がやる「田んぼの学校」の参加者募集の案内でした。

 今年と同じように、「田んぼの学校」をやるということですImg448

 ぼくは、去年の5月に参加した第1回の「田んぼの学校・・田植え編」を思い出しました

 初めて田んぼに入ったときは、どろがヌルヌルしていてとっても気持ちが悪かったですが、そのうちに慣れてきて、最後はもっと田植えがしたくなったのを思い出しました

 それと、「しろい環境塾」のおじさんが作ってくれた「竹の子汁」は、あったかくてとてもおいしかったことも思い出しました

 「しろい環境塾」のおじさんたちが、とても親切に田植えのやり方を教えてくれたので、すぐにじょうずにお米の苗を植えられるようになったことも、思い出しました。それにお天気がとっても良くて、ウグイスやヒバリが鳴いていて、なんだか別世界に来たような感じでした

 また今度も、家族4人で参加したいと思いました

 家に帰ったらすぐにお母さんに「チラシ」を見せて、早く「しろい環境塾」に電話して申込みをするように言いました

 お母さんはチラシを見て、「お父さんと相談してから・・・」といいましたが、ぼくは、「早く電話をしないと満員になっちゃうよ」と言ったら、お母さんが、「チラシには、受け付けが4月2日からとなっているから、大丈夫だよ・・」といいました

 ぼくは、お母さんに、「絶対に4月2日に電話して、申込みしてよ」と言っておきました

 また去年のように、田植えからだっこくまで、5回全部に参加したいと思いますチラシのうらには、2012年度の年間スケジュールが書いてありました

 今からとてもワクワクです

 

 今日1日、なんだかとっても幸福な気分になりました

                                おわり

« 2012年2月8日 まれなお客様、アカツクシガモ飛来 | トップページ | 2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え) »

コメント

3/27付けの産経ニュース等で下記内容が報じられてます。
広範囲に渡り近隣の小売店で入手出来うるナマ物は同様と考えるべきでしょう。
5月の「竹の子汁」は変更、または水煮加工などされた関東以西産の使用が望ましいと思われます。

印西市・流山市産タケノコ、木更津・香取市産シイタケの出荷自粛要請
 千葉県森林課は27日、印西市産と流山市産のタケノコからそれぞれ1キロ当たり180ベクレル、同250ベクレルの、木更津市産と香取市産のシイタケから、それぞれ同239・5ベクレル、同249・9ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)よりは低いが、4月以降の新基準値(同100ベクレル)を上回っているため、県は各市に出荷自粛を要請した。市場には出回っていないという。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1524228/44550984

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月15日 田んぼの学校2012ちらし案内:

« 2012年2月8日 まれなお客様、アカツクシガモ飛来 | トップページ | 2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え) »