« 2012年3月15日 田んぼの学校2012ちらし案内 | トップページ | 2012年6月110日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・草取り) »

2012年5月15日 (火)

2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え)

2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え)

場 所:白井市平塚山王谷津水田・旧平塚分校下子どもの田んぼ

参加者:82名

(B君の日記より)

平成24年5月12日(土)晴れときどきくもり

 今日は待ちに待った「田んぼの学校」です。お天気は、晴れていましたが少し北風が吹いていて涼しかったです。

 今日は、お父さん、お母さんと弟の4人で参加しました。ほかの人たちもぼくと同じに期待しているようで、みんな集合時間には集まりました。

Img_5115 田んぼの朝は、カエルやウグイスが鳴いていて、とっても気持ちが良かったです。

 しろい環境塾(この漢字はむずかしかったけど、お母さんが教えてくれました。)のおじさんやお姉さん(ぼくがおばさんと言ったら、お母さんに「お姉さん」といいなさいと言われました。)たちがたくさんいて、いろいろと世話をしてくれました。

 去年も参加した人がいて、「田んぼの学校はおもしろいよ・・・」と言っているのを聞いて胸がワクワクしてきました。

 午前中は、田んぼのあぜ(田んぼのまわりの細い道をあぜというんだそうです。)から田んぼの水の中にいる生きものの観察をしました。足がはえたオタマジャクシがたくさんいました。今日の講師の庭野さんから、ニホンアカガエルのオタマジャクシだと教えてもらいました。ぼくは、小さい網で5ひきつかまえました。ほかに、ザリガニ、ゲンゴロウ、カエルもつかまえました。ほかの人たちもいろいろな虫を網でつかまえていました。みんなでつかまえた虫を持ち寄って白いトレーに入れて、今日の講師の寺園さんになんていう虫か教えてもらいました。そのあとで、気に入った虫をよく観察して画用紙に虫の絵をか書きました。ぼくは、カエルを書きました。(あとで庭野さんから、ニホンアカガエルだと教わりました。)大きさは8センチぐらいで、とてもりっぱなカエルでとってもうれしかったです。

 観察した後は、つかまえた虫は全部もとの田んぼににがしました。

 お昼は、お母さんが作ったお弁当としろい環境塾のおじさんが作ってくれたとっても熱いおみそしるを食べました。青空の下での食事はおいしくて、おみそしるを2はいも飲みました。Img_5394

 午後は、いよいよ待望の「田植え」です。

 短パン、Tシャツ、ハイソックスに着替えて、田んぼに行きました。講師のおじさんから、苗の植え方を教わって、いよいよ田んぼの中に入りました。田んぼの水はあたたかくて気持ちが良かったですが、どろはヌルヌルしていて最初はとっても気持ちが悪かったです。ほかの人たちも「ワアワア」言っていました。でも、少ししたら慣れてきて、何ともなくなりました。しろい環境塾の人が作ってくれた道具(三角とか定規棒というんだそうです)を使ってなえを植えました。30センチかんかくでまっすぐに植えるようにしました。初めはゆっくりでしたが、だんだん慣れてきて最後のほうはかなり早く植えられるようになりました。

 植えた後を振り返ったら、苗がまっすぐに植わっていて、ぼくはとてもうれしくなりました。

 全部苗を植えたので、そのあとはとなりの田んぼで「どろんこあそび」をしました。ほかの人たちも「ワアワアキャーキャー」言ってどろどろになってあそびました。とっても楽しかったです。ぼくも弟もどろだらけになりました。田んぼに水を入れる配水こうの水でどろを落しました。

 今日1日、疲れたけどとっても楽しくて、気持ちがスッキリしました。

                                  おわり

« 2012年3月15日 田んぼの学校2012ちらし案内 | トップページ | 2012年6月110日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・草取り) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月12日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・田植え):

« 2012年3月15日 田んぼの学校2012ちらし案内 | トップページ | 2012年6月110日 田んぼの学校(田んぼの生きもの観察・草取り) »