« 2016年8月27日、28日 カメの観察会 | トップページ | 2016年9月24日 田んぼの学校「バッタの観察、昔の脱穀」 »

2016年9月13日 (火)

2016年9月10日 田んぼの学校「稲刈り、はざがけ」

(C君の日記から)

 

2016年9月10日(土)晴れ

田んぼの学校「稲刈り、はざがけ」に参加して

 

 今日は、田んぼの学校の第4回目「稲刈り、はざがけ」です。

 前から稲刈りが楽しみだったので、張り切って出かけました。

 前回と同じように、たくさんの子どもとその保護者が参加しました。

 今日は親子3人での参加です。(お父さんは付き合いゴルフだと言って、うれしそうに出かけていきました)

 前に苗を植えた田んぼに行ったら、すっかり大きくなっていてたくさんの稲穂が重たそうに稲刈りを待っていました。

 講師の人やしろい環境塾の人のはなしを聞いているうちに、早く稲刈りがしたくなりました。

 Imgp2488_2 ぼくは、長靴で田んぼに入って、良く切れる鎌(この字もお母さんに教わりました。)で稲をザックザックと切りました。鎌はギザギザの歯がついていて、「ノコギリ鎌」とよんでいました。良く切れるのであまり力がいりませんでした。

 僕が、刈り取った稲をしろい環境塾のおじさんが、てぎわよく稲わらで縛ってくれました。

 お昼ごろになると、みんなも頑張って稲刈りをしたので、全体の半分ぐらいの稲刈りが終わりました。その後、しろい環境塾のおじさんが、バインダーと言う機械で稲刈りをしました。今までの鎌を使った稲刈りに比べて、ものすごい速さで稲刈りが進みました。こうして午前中に稲刈りが終了しました。

 午後は、別の田んぼでハザガケというのを体験しました。事前にしろい環境塾のおじさんが、ハザ(刈り取った稲を太陽で乾かすための竹で作った干し場)を作っておいてくれました。

 竹下の田んぼから刈り取った稲束を軽トラックで運んできてハザの近くに下してくれました。その稲束を参加者全員でワッセワッセと運んで、大人の人が次々とハザにかけて行きました。Imgp2497

 ほとんどの稲束をハザに掛けたとき、何としたことか、突然ハザがミシミシという音とともに、全体が倒れてしまいました。(オーマイゴッド!!)。

 仕方がないので、参加者としろい環境塾のおじさん、お姉さんの全員で、倒れたハザの隣のハザ

に移し替えました。しろい環境塾のおじさんの話しでは、こんなことははじめてだそうです。(よっぽど稲束が重かったんだな・・・と思いました)

 ハザガケを2回もやったので疲れました。でも、できあがあったハザを見てとてもきれいに出来上がっているので、我ながらウシシ・・と笑ってうれしくなりました・・・

 その後、少し時間があったので田んぼでイナゴ取りをしました。たくさんのイナゴが取れたら、しろい環境塾のおじさんが、「昔は、このイナゴを炒って食べたんだよ・・」と言っているのを聞いて、昔の人はずいぶん残酷なことをしたんだな・・と思いました。

 

 今日は、大変働いたので早く寝ることにします。

 

おわり

« 2016年8月27日、28日 カメの観察会 | トップページ | 2016年9月24日 田んぼの学校「バッタの観察、昔の脱穀」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1524228/67472196

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月10日 田んぼの学校「稲刈り、はざがけ」:

« 2016年8月27日、28日 カメの観察会 | トップページ | 2016年9月24日 田んぼの学校「バッタの観察、昔の脱穀」 »