« 2017年8月5日(土) 田んぼの学校「かかし作り、イネのお花見」 | トップページ | 2017年8月26日(土)、27日(日)カメの観察会 »

2017年9月 4日 (月)

2017年8月26日(土) カメの観察会 ご挨拶

2017826

「カメの観察会(金山落 かなやまおとし) 2017」にあ

 たって

NPO法人しろい環境塾

 

本日は、「カメの観察会」にご参加いただきありがとうございます。

今年の67月は雨が少なく、空梅雨(からつゆ)でした。8月の初旬は晴れの日が多く、

中旬からは一転、夏空は雲に覆われ、雨が続き、夏らしくない日々が続いています。

今年も、カメの観察会を開催できること、金山落を皆さんに知っていただけること、時間と空間をともにできることを嬉しく思っております。

 

【金山落はどんな川なのか?】

金山落は、下手賀沼、利根川、太平洋へそそぎこむ農業用水路です。鎌ヶ谷市が最上流部になり、白井市、柏市(旧沼南町)の境を流れています。

昭和32年(1957年)手賀沼土地改良区の一環として、金山落の河川改修工事が行われました。曲がりくねった川を、まっすぐな素掘り(土水路)の川にしました。

昔から金山落周辺の地区(冨塚、小名内、名内、今井、平塚地区)の方々は、川を守り、田んぼを守り、米作りを守ってきました。人の生活と川、田んぼの結びつきが守られてきた地区です。このため、川や田んぼの生きもが多く、カメの生活が守られてきました。

私たちは、「生きものたちと共生するまちづくりをめざすためにはどうしたらよいか?」「未来の子どもたちへ里山自然をどのように残していくのか?」この解答を追い求めています。

このカメの観察会では、里山でくらす人々の生活と生きものとのかかわりについて、カメの目をとおして川を知り、里山の自然環境を守るためにはどうしたらよいかなどを、一人一人考えてもらいたいと思っています。一人一人の知恵が集まれば、大きな力となることを期待しています。ご一緒に楽しく観察会をすすめていきましょう!2017年夏の思い出になることでしょう。

この観察会の開催にあたり、東邦大学長谷川 雅美先生、研究室の皆様、卒業生の皆様、NPO法人カメネットワークジャパンの皆様に多大なご協力、ご支援をいただきました。ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

                                    以 上

« 2017年8月5日(土) 田んぼの学校「かかし作り、イネのお花見」 | トップページ | 2017年8月26日(土)、27日(日)カメの観察会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1524228/71614067

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年8月26日(土) カメの観察会 ご挨拶:

« 2017年8月5日(土) 田んぼの学校「かかし作り、イネのお花見」 | トップページ | 2017年8月26日(土)、27日(日)カメの観察会 »