« 2019年9月28日 田んぼの学校「竹筒で新米を炊き食べる、昔のだっこく」 | トップページ

2019年11月 6日 (水)

2019年11月2日(土)森でゲーム・森で工作(運動公園の森)

(F君の日記より)

令和元年11月2日

 

  今日は、子どもの環境教育「森でゲーム・森で工作」の日です。

  朝から太陽が出て、うれしいお天気です。

  

 午前中は、白井市の運動公園の森で、2班に分かれていろいろなゲームをやりました。

 最初はドングリ体操をしてから、ドングリさがしをしました。シラカシは、木の中身が白くてかたいから、「シラカシ」だそうです。へ~~え!!シラカシの帽子は、シマシマ。コナラのドングリの帽子は、ウロコもようでした。

森の中で、ドングリから芽を出した苗木をさがしました。コナラの苗木はたくさんありましたが、シラカシの苗木は少ししかありませんでした。太陽の光がとどかないから、育たない。こんなに、ドングリが落ちているのにふしぎでした。

ジョロウグモを見たり、キノコを見つけたり、でっかいミミズを見たりしました。

最後に、台風で落ちた枝をみんなでひろいました。枝がおれて、地面につきささっていた枝もあり、すごく風がふいたことを

感じました。  

Imgp7078sImgp7079sImgp7084sImgp7094s

 お昼には、しろい環境塾の人たちが作ったサツマイモを、石窯(むずかしい字でしたが、お父さんに教えてもらいました)で焼いた「やきいも」を食べました。

すごく甘くてねっとりとした(この言い方もお母さんが教えてくれました・・)おいしい「やきいも」でした。ぼくは、うれしくなって2本も食べてしまい、おとうさんとおかあさんから、「食べたかったなあ・・・」と言われました。(反省!!)

 

午後は、工作の時間でした。

 しろい環境塾と講師の渋谷さんが用意してくれた材料(木のはしきれやいろいろなドングリ、松ぼっくりなど)を使って工作をしました。ノコギリや金づち、それに接着剤を使ってみんな思い思いの形の作品を作りました。

 かなりの部分をお父さん、お母さんが作りました。(僕が手を出そうとしても、お父さんとお母さんが夢中で道具を使って作品作りをしていたため、僕の出番があまりありませんでした。・・・)

 ほかの人たちも同じようでした。

 でも、できた作品は結構ユニークで、面白い作品が多かったです。

 もっと、森のいろいろな材料を使った作品ができたら良かったと思いました。

 

 今日は、いろいろな経験をしました。今度学校に行ったら、みんなに自慢をします。

 また、機会があったら同じような体験をしたいと思いました。  

  おしまい

Imgp0306s Imgp7095

« 2019年9月28日 田んぼの学校「竹筒で新米を炊き食べる、昔のだっこく」 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年9月28日 田んぼの学校「竹筒で新米を炊き食べる、昔のだっこく」 | トップページ