« 2022年11月5日(土)竹筒でご飯、竹で工作 | トップページ | 2023年6月17日 田んぼの学校 水路の生きもの観察、ビオトープ作り »

2023年6月 5日 (月)

2023年5月20日(土)田んぼの生きもの観察、田植え

 

N君の日記より)

令和5年5月20日

 

僕は今年、小学6年生になりました。来年は、中学生になるので、あまり時間の余裕がなくなり「田んぼの学校」に参加することがむずかしくなるのでは・・・と思います。

 

今日は、ずっと待っていたしろい環境塾の子どもの環境教育「田んぼの学校・・第1回 田んぼの生きもの観察・田植え」に参加しました。

参加募集の応募者が多くて、滑り込みセーフで参加できることになったと、お母さんから聞きました。

 
 今日は、朝から胸がワクワクして、お母さんから「少し落ち着きなさい」とおこごとがありました。(反省・・・)
 お天気は、朝方小雨が降っていて、空もドンヨリです。

 行事が予定通り実施されて良かったです。(雨で中止になり、明日になったら少年野球大会とガチンコするところでした)

 

 9時45分に山王谷津の原っぱに集合でしたが、原っぱに9時20分過ぎに到着しました。ほかの参加者もゾクゾク集まってきました。
 僕は、お父さんとお母さん、それに妹の4人で参加しました。僕よりもお父さん、お母さんのほうがワクワクしている様子です。というのも、両親は「田植えが初めてで、興味シンシン」だからです。

 

 初めに、講師の先生から話を聞いてそのあと田んぼの畦で、みんなで生き物探しをしました。カエルがけっこういました。僕は、カエルの種類がわかりませんが、いろいろなカエルを捕まえました。講師の先生は、みんなが捕まえたカエルについて、その名前や特徴を大きな声で説明していました。カエルには、多くの種類があることがわかりました。そのあと原っぱで、カエルの追い込みというのをやりましたが、カエルがほとんどいませんでした。残念・・・

 午前中の行事は以上で終わりです。

 

 お昼は、しろい環境塾の広場(ベース・キャンプと呼んでいました)で、みんなと一緒にお弁当を食べました。しろい環境塾の人が、熱いトン汁を作ってくれました。とってもおいしかったので、お代わりを2杯食べました。(お腹がいっぱいになりました。ウーン苦しい・・・)

 午後は、旧平塚分校という古い小学校の校庭に集まり、その近くのたんぼで「田植え」をしました。

 僕たち家族は、「田植え」が初めての体験です。

 田んぼの中におそるおそる足を入れましたが、水がけっこうぬるくて、泥に足を取られて転びそうになることが何度もありました。

 お米の苗は、15センチぐらいに育っていました。

 1かしょに2本ずつ植えるのですが、△になった定規というのを使って苗を植えましたが、植えた後をみたら、グニャグニャに曲がってしまいました。

お父さんとお母さんは、田植えの作業に夢中で僕らをほったらかしにしていました。(まったく「子どもの環境教育か、おとなの環境教育か分からなくなりました。・・・」)

 

 田植えが終わったあと、小さな子どもたちは、となりの田んぼで「泥んこ遊び」をしていました。

 手や足や顔まで泥だらけになってしまい、水で洗い流すのが大変でした。

 

 今日1日、よく遊びました。月曜日から学校です。(頑張らなくっちゃ・・・・・)

おしまい

Imgp0013Imgp0053Imgp0068  Imgp0069

 

« 2022年11月5日(土)竹筒でご飯、竹で工作 | トップページ | 2023年6月17日 田んぼの学校 水路の生きもの観察、ビオトープ作り »

コメント

当方、40代男性です。
子どもにとって、「田植え」が、こんなに、刺激に満ちている!
それが、とても、遊びとして、かけがえないものであると。
素晴らしいことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年11月5日(土)竹筒でご飯、竹で工作 | トップページ | 2023年6月17日 田んぼの学校 水路の生きもの観察、ビオトープ作り »